サクサクでピックアップされたCD、DVD、ゲームなどをまとめて紹介! 現在、調整中…。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 別注大陸×カスタムメイド10.30
サクサク今週のGAME 2005.3.11
【今週のゲームコーナー】
『Rocky : Legends』/Xbox用/スポーツ (ボクシング)/マイクロソフト/¥5,040 (tax in)/発売中 (2005.1.27)
今週は珍しくXboxのゲームです。で、これからROCKYのゲームで盛り上がろうというときに、「ROCKYみて、逆子になっちゃった…」と、小学校のときの先生の話を持ち出すカエラちゃん。先日、YUKIの代役で出演したラジオでも同じこと言ってましたが、今回はちょっとタイミング悪いんでない?(^_^;
さて、カエラ vs ゴイゴイ。対戦前にそうとう練習したというご意見番ですが、カエラちゃんのセンスの前に全く歯が立たないという感じで、もう、完全に一方的でしたよ(^^; 最後に、カエラちゃんの勝利の雄叫び、「エイドリア~ン!」が笑えましたね(^▽^)
この「Rocky : Legends」、実際の映画のシーンがゲームの進行とシンクロしているところが面白いですね。登場するキャラもなかなかリアルですし、映画を見た人ならハマりそうですよ! それにしてもXboxって、プレステ2よりも映像がリアルでキレイですよね。
『Rocky : Legends』@amazon♪
Xbox :: Rocky : Legends
Xbox :: Xbox Japan
 別注大陸×カスタムメイド10.30
スポンサーサイト
サクサク今週のDVD 2005.3.8, 9
【今週のDVDの世界】
品川庄司 『POINT ~点~』R&C Japan/¥3,990 (tax in)/発売中 (2005.2.23)
「ココリコミラクルタイプ」の出演を機に老若男女問わず人気を博している品川庄司が、2004年8月にル・テアトル銀座で行った単独ライブの模様を収録。品川のキレのあるボケ、庄司のスピーディーなツッコミを満載したコントをたっぷりと堪能できる。
(DVD NAVIGATORより)
品川庄司 『POINT ~点~』DVD@amazon♪

『スクール・ウォーズ HERO』松竹/¥3,990 (tax in)/発売中 (2005.2.26)
照英、和久井映見、内田朝陽らの共演で話題を呼んだ、伏見第一工業高校ラグビー部の実話を元に描いた感動の青春ドラマ。元全日本代表の熱血教師・山上修治と手のつけようがない不良生徒たちが、ラグビーを通して心を通わせていく姿を熱く映し出す。
(DVD NAVIGATORより)
スクール・ウォーズと言えば山下真司主演のテレビ版が有名ですよね。ボクはあまりスポ根モノが得意じゃないのでちゃんと観たことはないのですが、友人たちの中ではハマっている連中が多かったです(^^) 今回の照英版は全く別物ということなので、ちょっと興味がありますよ。
『スクール・ウォーズ HERO』DVD@amazon♪

『コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション』パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン/¥4,179 (tax in)/発売中 (2005.3.4)
今週のDVDの世界は、パラマウントから金谷氏が初登場。かなりの人見知り&ローテンションぶりにジゴロウのツッコミが入りっぱなしでしたが、そんな彼女のオススメDVDはトム・クルーズが初の悪役に挑んだこの作品です。そういえば、婦女子がシリーズには加えてもらえませんでしたね?(^^;
ボクはまだ観ていないので何とも言えませんが、トム・クルーズの悪役ぶりは評価が高かったですよね。近いうちこれも見ようと思います。
ちなみにこのコレクターズエディションは、メイキング、未公開シーンなどを収録したDISCを含む2枚組仕様です。
『コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション』DVD@amazon♪

【その他のDVD】
『スウィングガールズ』東宝/スタンダード・エディション:¥3,990 (tax in)、スペシャル・エディション:¥6,300 (tax in)/2005.3.25発売
今週のロケコーナー GOIGOIで、映画「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の元へ行ったご意見番。そのDVDが発売されるということで特典映像の編集のお手伝いでしたが、キュー出しくらいしかしてないようでしたね?(^^; ちなみに矢口監督は強烈なサクサカーだそうで、ロケ中ずっとペパー人形をダッコしてたようです(笑)
さて本題ですが、『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督のガールズ版『ウォーターボーイズ』といえる作品です。東北の片田舎にある高校を舞台に、サボりの口実ではじめたビッグバンドジャズの魅力に次第に引き込まれていく女子生徒たち。全くの素人だった出演者の彼女たちが実際に猛特訓をして、最終的に素晴らしい演奏を披露するという、ストーリーとシンクロしているところもちょっとジーンときますね。
また、脇を固める竹中直人、小日向文世、渡辺えり子、谷 啓らの存在が作品を引き締めています。オススメ♪
『スウィングガールズ スタンダード・エディション』DVD@amazon♪
『スウィングガールズ スペシャル・エディション』DVD@amazon♪ (画像)
「SWING GIRLS」のサイト
 別注大陸×カスタムメイド10.30
サクサク今週のCD 2005.3.7~11
【今日の1曲】
2005/3/7 (月)、3/10 (木)
木村カエラ 「リルラ リルハ」/COCA-15748 ¥1,050 (tax in)/2005.3.30発売/Columbia Music Entertainment
ついにPV解禁! 今週のサクサクでは月、木と2回流れました。今までサビしか聴いていなかったので軽い曲調という印象だったんですが、イントロからグランジ系の歪みというかけっこうヘビーなギターがてんこ盛りですよ! ちょっと予想外でしたが、やはり木村カエラ侮りがたしという感じでしょうか(^▽^)
タイトルはリアルライフ、リアルハートの略。本人のイメージとして、「バックの音が面白くて乗れる、同じリズムを刻んでたりするんだけど、でも、メロディーと歌はちょっと切ない…」だそうです。
カップリングの「Twinkle」は『LOVE for NANA ~Only1Tribute~』に収められている曲のオリジナルバージョンです。発売が待ち遠しいですね♪
木村カエラ 『リルラ リルハ』@amazon♪

2005/3/8 (火)
FREENOTE 「ウォークメン」/TFCC-89128 ¥1,000 (tax in)/発売中 (2005.3.2)/TOY'S FACTORY
FREENOTEの3枚目のシングル。ストレートなロックというイメージのFREENOTEですが、コレは今までとは違って変拍子が小気味いい曲に仕上がってますね。ライブではちょっとノリづらいでしょうけど?(笑)
一歩間違うと大ハズししそうな感じ(計算ずく?)の千香子のボーカルですが、そこがこのバンドの大きな魅力になってますね♪ ボクのお気に入りバンドに昇格しそうな勢いのFREENOTE、今後も要チェックです!
FREENOTE 『ウォークメン』@amazon♪

2005/3/9 (水)
master*piece 「光のしずく」/収録 2nd Mini Album『ポルト -porte-』 CTCR-14410 ¥1,575 (tax in)/発売中 (2005.3.2)/avex / cutting edge
2nd mini albumに収められている曲で、なかなかいい感じです。さわやかなイメージのmaster*pieceですが、こういう感じのバンドはだいぶ前にも流行りましたよね。なんてこと言うとファンには怒られそうですが、初めて聴いたときDEENを思い出しました(^^;
それはともかく、なかなか人気もあるようですし、今後もチェックしたいと思います♪
master*piece< 『ポルト -porte-』@amazon♪

2005/3/11 (金)
オオゼキタク 「レモン」/VICL-35756 ¥1,260 (tax in)/発売中 (2005.2.23)/Victor Entertainment, Inc.
オオゼキタクの2nd シングル。と言っても、ボクはコレ以前の彼の曲をあまり知らないんですが、最近ではあまり耳にしない切なげなポップ(?)がとても新鮮です。どことなく懐かしさを感じる歌声も、弱々しさの中に(?)味があって耳に残りますね。オススメ♪
今週末からインストアライブがあるようなので、ボクも足を運んでみようかと思ってます。
オオゼキタク 『レモン』@amazon♪

【ゲスト's CD】
Sound Schedule 『Biotope (ビオトープ)』/YCCL-10001/¥2,940 (tax in)/発売中 (2005.3.2)/YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS / DANGUY RECORDS
サクサク今週のゲスト、サウスケの3年間の活動の集大成ともいえる3rd アルバム。前作(偶然にも「456」でしたね…笑)よりもギター・サウンドが抑えられ少し落ち着いた印象ですが、またひと回り成長したサウスケが聴ける完成度の高いアルバムに仕上がっています。シングル「スペシャル・ナンバー」、「アンサー」を含む全11曲を収録。オススメ♪
「ビオトープ」とは、BIO (ビオ/バイオ=生物)、TOPE (トープ=場所)をあわせて近年作られた造語。意味は「共生、連鎖 など…」だそうです。
Sound Schedule 『Biotope (ビオトープ)』@amazon♪

【今週の曲】
氣志團 「夢みる頃を過ぎても」/TOCT-4845 ¥1,000 (tax in)/発売中 (2005.3.2)/TOSHIBA EMI / Capitol Music
映画「ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の主題歌として書き下ろした氣志團のニューシングル。ルックスとは裏腹に(?)メロディアスな曲調が信条の氣志團にとって、アニメソングはピッタリですよね。若干、いつもよりは抑えめかなぁという印象ですが、それでもセロニアス節は健在! 今年も氣志團旋風が吹き荒れるんじゃないでしょうか(^^)
氣志團 『夢みる頃を過ぎても』@amazon♪

【今月のエンディング曲】
BEAN BAG 「恋愛夜明け前」/SECL-148 ¥1,223 (tax in)/2005.2.23 発売/Sony Records
BEAN BAG、3枚目のシングル。ドレッドヘアが印象的なボーカルのYUMIですが、なかなか歌も上手いですし歌い方が「山下 久美子」っぽくてけっこう好きですね。テレ東系ドラマ「Deep Love」の挿入歌にもなっていますが、ポップで思わず口ずさみたくなりますヨ♪
PVで、YUMIのコピーがたくさんゴロゴロ転がるシーンはちょっと不気味ですよね?(笑)
BEAN BAG 『恋愛夜明け前』@amazon♪
 別注大陸×カスタムメイド10.30
Copyright © 2005 *saku sakur 通信 アネックス*. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。